「So-net 光」に転用で月2000円ほど節約する

So-net 光に転用するメリット

  1. 電話・ネット代が2000円くらい安くなる
  2. インターネット速度が速くなる
  3. デメリット無し

家のインターネットは、今から10年前に営業電話にススメられるがまま契約したのですが、少し高いなぁと思いつつ惰性で10年使い続けていました。
この間、掛かってきた電話に出てみたら「光コラボで転用すると安くなるよ」という営業電話。普通なら「間に合ってまーす」と切る所だったが、「月6000円前後になるのか。ゴクリ」営業電話をきっかけに契約を見直してみようと思い立った次第です。

せっかくなら一番安いところと契約したいので営業電話に言われるがままではなく自分でググりました。ヒットしたのがSo-net。他の会社もチェックしたところ料金は大差なかったのでSo-netに決定。

ざっと経緯はこんなところで、具体的に行った手続きを書いていきます。

※2018/7/1に名称が「So-net 光コラボレーション」から「So-net 光」に変更されました。

1.ひかり電話を基本プランに変更

ひかり電話が「安心プラン」などに入っている場合は転用できないので、予め「基本プラン」に変更しておく必要があります。基本プランは安心プランなどと比べて通話の単価が上がるようですが、家の場合は、固定電話を使う機会がほぼ無いのでデメリットはありません。

各種お申し込み|ひかり電話|サポート情報|フレッツ光

2.転用承諾番号を取得

転用承諾番号を取得するにはフレッツ光のサイトで契約者情報の入力が必要です。

転用のお手続き|フレッツ光

3.So-netに情報を登録

So-netのフォームにて転用の申請を申し込みました。このときに転用承諾番号が必要になります。

転用開始の一週間前に郵送で接続IDとパスワードが書かれたご案内が届き、転用開始の前日にお客様IDとアクセスキーが書かれた圧着はがきが届きました。

4.転用開始日にルーター(PR-S300NE)を設定

パスワードが分からなかったので、初期化しての設定を行いました。電源ケーブルを抜き、10秒後、再度電源ケーブルを挿し、初期化ボタンをつまようじで長押しします。初期化のところにオレンジ色のランプが付いたら初期化完了です。

ウェブブラウザでhttp://192.168.1.1に接続し、IDに「user」、パスワードは無しで接続できます。ウィザードに従って、先に送られてきた封筒の方に書かれている接続用IDとパスワードを入力して完了です。一応確認君などでドメインを見ると、so-netになっていました。(今確認したところ、enabler.ne.jpになってました。)

5.以前のプロバイダを解約

フレッツのFAQによると、転用手続きをしただけでは以前のプロバイダは解約されないようなので、ちゃんと以前のプロバイダに解約の連絡を入れます。

以上

そんなこんなで転用手続きが完了しました。料金のほうはどうやら月6100円(税抜)になりそうです。
内訳:長期割5200円+ひかり電話基本プラン500円+ナンバーディスプレイ400円

以前は月8000円弱支払っていた電話+インターネット代が月2000円も節約できました!

光コラボは手続き上で契約先を変えるだけなので今までと同じように電話もインターネットも利用できます。

インターネット速度が改善された

以前のプロバイダの時は夕方以降にインターネットが極端に遅くなる(ただのWebブラウジングでタイムアウトするほど)現象に見舞われていて、NTTに連絡してみても異常なしというので、利用者が増えたから物理的な問題で仕方ないのかと思っていましたが、So-netに変えてからは速度が劇的に改善されました。17時~深夜までは多少遅くはなりますが、以前のようにタイムアウトするほどではなくなりました。

So-netでは「v6プラス」という”アクセスが集中し混雑しやすいポイントを回避するインターネット接続方式”に無料加入されるので、混雑時の速度は他のプロバイダより良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です