ENEOSでんきに切り替えて電気代とガソリン代を安くする

ENEOSでんきに切り替えるメリット

  1. 電気代が安くなる
  2. ガソリン・灯油代が安くなる(ENEOSユーザ)

日本の電気代はアメリカやカナダと比べると約2.5倍も高い設定になっています。

(グラフ:世界と比べる日本の電気代)

電気代が国ごとに異なる要因としては、燃料コストなどの地勢的な要因も絡みますが、日本の場合は地域ごとに電力会社が決まっていたのも要因の一つかと思われます。地域ごとに独占市場なので価格競争が行われず、各地域の電力会社の言い値で購入せざるを得なかったのです。

2016年4月には電力自由化によって、様々な事業者が電力市場に参入していきました。そこで競争が起こり、より安い料金で電気を供給する会社が出てきたのです。

ENEOSでんきに切り替え

申し込みに必要な情報は毎月届いていた検針票に全てあります。ENEOSでんきの申し込みフォームから契約者名義お客様番号など必要な情報を入力して申し込み完了です。電話での本人確認などはありませんでした。名義変更の問題で少し躓きましたが、ENEOSでんきではメール対応もしているのでスムーズにやり取りが完了しました。

名義を変更したい場合は、まずは現在の契約者名義で申請して、ENEOSでんきに切り替え後に変更します。

旧型メーターの場合はスマートメーターに取り替える工事が入ります。といっても無料・停電無し・立会い不要です。

ガソリン代も安くなる

支払い方法をENEOSカードに設定するとガソリン・軽油・灯油がさらに1円/L引きになります。例えばENEOSカードSではガソリン・軽油が2円/L引き、灯油が1円引きなので、さらに1円引かれて、ガソリン・軽油が3円/L引き、灯油が2円/L引きになります。

実際どれだけ安くなるの

6月分の請求が来ました。1kwhの単価を計算してみたら27円(税込)でした。東電のときは28か29円だったので、1kwhあたり1,2円安くなるようですね。

追記:2年経ったところでこのようなメールが来ました。実際年間7,419円安くなりました。電気の消費量が減ったのでその分控え目になったのだと思いますが、試算の半分くらい安くなるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です