JB23-10乗りによる新型ジムニーJB64Wの試乗レポート!!

こんにちは。いつか乗ったランボルギーニより自分のジムニーの方が大好きな小林と申します。

新型ジムニーが遂に出ましたね。発表前からポロポロとリーク画像が出てましたが、とうとう本物に乗ることができました!

すんません!エンジンルームや下回りを撮りすぎて、後回しにしていた外観を撮るの忘れました!外観画像は出回っていると思うので、パンフレットの表紙の画像で許してください!

主に内面のレビューとなりますのでよろしくお願いします。

試乗した感想(JB23と比べてみて)

スズキアリーナに到着した時、展示されていたジムニーの周りには試乗待ちの人だかりがありました。自分は予めウェブで予約をしていたので優先的に試乗することができました

まず最初に気づいたことは、ドアが軽く開け閉めしやすいことです。JB23はドアをしっかりと閉めないと半ドアになってしまうのですが、新型ジムニーは軽く閉まります。

ちなみに、以下画像は店内の展示車です。試乗車は画像とは別のXCキネティックイエロー(AT)でした。

エンジンスタートはJB23とは違い、キーレスのボタンタイプです。キーをポケットに入れておけば、ボタンで始動するのは非常に便利です。

シフトレバーをドライブに入れる前にちょっと副変速機のレバーをいじらせてもらいました。手前に引くと4WDで奥にすると2WDです。少し硬い感じですが、JB23後期型のスイッチ式より切り替えが早く、ノールックで確実にチェンジできます。4WD-Lには押し込みながら手前に引くと入るのですが、少し体重をかける必要があるくらい硬かったです。

メーターはJA11の雰囲気を残しながらもモダンに仕上がっています。2窓のメーターで左がタコメーター、右がスピードメーターで、真ん中に液晶ディスプレイがありドアの開閉状態や走行距離や燃費情報などが表示されます。レッドゾーンはJB23後期と同じ7000rpmです。

センターコンソールは至ってシンプルですが、エアコンがオートになりました。(グレードによってはマニュアル)個人的にはエアコンは全車マニュアルであって欲しかった。。。パワーウインドウもセンターコンソールに付き、安全機能のオフボタンや坂道にエンブレを効かせるモードのスイッチが付きました。下部には収納もついたので、スマホなどの小物が置けます。

シートベルトをしようと手を伸ばすと引っ掛かりなくシートベルトが引き出せました。JB23だとシートの間から引き出す感じでコツが入りましたが、新型では改良されています。また、シートベルトをしまう時も引っかかりがなく収まってくれます。

フロアシフトレバーが縦に直なのはちょっと慣れが必要ですね。Dに入れるつもりが2に入ってしまったり、Rに入れるつもりがNやPに入ってしまったり、ATはめったに乗らないので戸惑いました。

いよいよアクセルを踏んで公道へ出ます。まあ普通のAT車のフィーリングです。MTであれば、クラッチやギアチェンジの感覚がレビューできたのですが。

更にアクセルを踏み込んで加速していくと、ATだからなのか、車重が1040kgと重い(JB23 MTは980kg)からなのか、若干のトロさを感じます。しかし飛ばす車ではないのでマイナスではありません。エンジン音はK6Aより静かでレスポンスが良く、低回転から良くターボが立ち上がる印象はあります。

ブレーキフィーリングは平地ですし、飛ばしていないのでよく分かりませんが、効き過ぎ効かなすぎという感覚は無く、踏めば踏んだだけ効く感じです。

ステアリングのフィーリングは素晴らしいです。前後リンクリジットコイルという構造上、路面のノイズをよく拾うのですが、ステアリングダンパーが搭載されたおかげか非常にノイズが少なく、適度にステアリングが重く、直進性に優れている感じがしました。ジャダーの耐性はどれだけあるのか気になる所です。

スペックや変更点など

エンジンは伝統の縦置きのFRレイアウトで、エンジンはJB23よりも後方に配置されています。そうすることにより、フロントタイヤでギャップを拾った際のショックと足回りの負荷が軽減されます。

搭載しているエンジンはハスラーなどに乗っているものと同じRA06A型です。最高出力は6000rpmで64ps、最大トルクは3500rpmで9.8kg・mと、JB23のK6A(10.8kg・m)よりも若干トルクが控えめです。電子スロットを採用しているため、自動ブレーキやクルーズコントロールなどのコンピュータによるアクセルの制御が可能になっています。エンジンルーム内は非常にすっきりしており、レイアウトは非常にメンテンナンス性に優れています

ただ、吸気口がエンジンの熱気をもろに吸うようなところにあるので、その辺は改良が必要でしょう。インタークーラーは前置きになっています。

オイルパンはアルミで、放熱性と耐蝕性に優れています。

画像では分かりませんが、オイルパンとエレメントはアクスルの裏にあります。オイルエレメント交換はステアリングダンパーやラテラルロッドが邪魔をするため少々めんどくさそうです。

ラダーフレームにXメンバーと2本のクロスメンバーが追加されたことにより、ねじれの耐久性が1.5倍になり、オフロードの過酷な走りに強くなると共に、オンロードでの高速走行時の安定性にも貢献しているそうです。ボディマウントのゴム素材は縦方向に柔らかく水平方向に強くすることで、ボディの揺れを抑えながら、振動も緩和することができたそうです。

グレードによっては、セーフティサポートとして、車線逸脱警告、ふらつき警告、先行者発信お知らせ機能、ハイビームアシスト、デュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能など便利な先進機能が利用できます。さらに標識認識機能というものもあり、一通や最高速度を自動で読み取ってくれて警告をしてくれます。

4WD-L時にはブレーキLSDトラクションコントロールが有効化されます。空転したタイヤに対して個別にブレーキを掛け、接地タイヤに対して駆動力を余さず伝えることができます。機械式よりスマートなLSDを標準装備しているというわけです。

その他の変更点としては、アンテナがモダンになりました。

雨樋もついて、屋根から滴る雨水が車内に侵入するのを抑え、雪が窓にへばりつくのを予防出来るようになっています。雨樋のおかげでルーフキャリアの積載量が多くなりました。

リアにもあるソケットからは最大120Wの電源が取れます。

助手席にはグリップがついています。これはかつてのオフロード車には標準装備だったのですが、最近の車には搭載されなくなってしまいました。このグリップはオフロード走行時に非常につかまりやすくて重宝します。

その他にも色々な機能がありますので、詳細はスズキのディーラーで試乗してみてください!

予約殺到でハスラーを遥かに上回る勢い

月に2000台程度しか生産できないのにもかかわらず、予約数が3万件もあり、年内納車は厳しいとのことです。その勢いはハスラーを遥かに凌ぐ程だとか。

スズキジムニーは日本車で唯一、頑なにラダーフレームとリンクリジットコイルを貫いている硬派なオフロードカーであり、20年ぶりのフルモデルチェンジということで、非常に注目を浴びているようです。

また、最近の災害の多さから、”いざ”という時のために頼もしい足としても注目されているようです。

実は、今日試乗してみて正直後悔しています。なぜなら、
欲しくてたまらないんです!

と思いましたが、やっぱり余計な電子制御が無く、トルクもあるJB23の方が個人的には好き。

JB23-10乗りによる新型ジムニーJB64Wの試乗レポート!!」への2件のフィードバック

  1. 試乗して後悔…。私も同じでした(笑)
    新型ジムニーは私のJB23-1型に比べて遅く感じました。が、それは音が静かで路面からの突き上げが丸くなったせいだと思ってます。良い意味で大して変わって無いので、現実的に買う必要は無いのですが「欲しい!」やっぱり外観良いですもんね~

    1. ましゅうパパさんコメントありがとうございます!

      やっぱりそうですよね!乗ってしまうとジムニーの魅力にやられてしまいます。JB23-1型の方が重量が軽いですし、馬力競争時代のK6Aエンジンですから力はR06Aよりありそうですね。
      新型ジムニーのリーク情報を見たときは劣化版オフロードカーになってしまうのではと心配していましたが、頑なにオフロード性能を貫きながらモダンな機能性を兼ね備えた車に仕上がっていて良い意味で予想を裏切られました。
      外観もよりJAに近づいてかっこよくなりましたね。

ましゅうパパ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です