ブログを書く理由

自分がブログを書く理由は3つあります。

  • インプットした情報を整理して頭に定着させるため
  • リアクションを得るため(頭の中が偏らないようにするためのリスクヘッジ)
  • 資産構築のため

まず第一にブログで発信するという行動は、自分がインプットした情報を整理して頭に定着させるためです。「知性とは何か」という問いに対し、落合陽一さんは「インプットとアウトプットの転換量とその速さ」と答えました。それを聴いて、曖昧に認識していた知性という言葉の意味がなんとなく理解できました。

日常生活を送る上で、ビットコインの仕組みやペリー来航の年月日なんて知っている必要など全くありません。スーパーへ行けば加工済みの魚が並んでいるので、その魚が本来どのような姿で生きているのかなんてのも知らなくても問題ありません。電車の仕組みが分からなくても電車を利用しているのと同じです。どこかの政治家が汚職をしていたり、法律や憲法を改正して一部の人間に都合の良い様に舵を切っていたとしてもそれを知らなくても生きていけます。

しかし、それでいいのでしょうか。人間は他の動物と比べ、高度な知性を持って生まれている以上、その知性を利用しないというのは損をしていると思うのです。何も考えず権威に従って生きるというのは、そこらの蟻んこでもできます。そうして生きるのであれば人間ほどの脳みそは要りません。

何故世の中がそう動いているのか、どうあれば幸福に生きられるのか、そのような考えを追求して生きていくということは、人間のみに許された特権なのかもしれません。知性を高めるためには、別個体との相互通信、例えば書籍から情報を得たり、ブログやSNSで発信したり、人と議論をしたりとインプットとアウトプットが大切になります。インプットをしたところでアウトプットをしなければ本質的には、そのインプットした情報は「無」に等しいです。アウトプットして初めてインプットの意味があるのです。

という理由で自分はブログを書いています。もちろん、ブログに書くだけでなく人と議論をしたりしますが(ただし、暇をもてあましているキャンプ中など)身の回りで話についていける人は限られているので、ブログでも発信しておこうと思って書いています。また、ブログにするメリットとして、文章を起こす上で、理解の甘さや誤解などにも客観的に気づく事ができ、自分の頭の中も整理できます。ブログで公開するとGoogleの検索エンジンにも登録されるため、頭の中をGoogle検索することができるようになるのです。

まだコメントはそれほどありませんが、公開しておけば、コメントなどでなんらかのリアクションがあるのではないかと思っています。自分の意見が絶対的に正しいとは 全く これっぽっちも 1mmも 思っていないので(むしろそのような考えこそが危険だと思っています)より正しい情報に補正すべくコメントやSNSでシェアできる状態にしてあります。

そのような活動により出来上がったコンテンツは知的資産として価値を帯びると信じています。例えば、人に何らかの影響を与えたり、時には広告収益となったり、何らかの形でリターンがあると思うのです。
自分の頭の中にとどめておくよりも、ブログに公開することで知的資産として蓄積していこうと思っている次第です。

人それぞれ育ってきた環境というのは異なります。つまりインプットした情報は人それぞれ異なるのです。ということはアウトプットする情報も人それぞれ重複する事は無く、誰もが唯一無二の情報を持っており、世の中にはそうしたデータ化されていない情報が潜在しています。皆さんもブログやSNSで情報を発信してみてはいかがでしょうか。

ファイル・ロケーション: その他

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です