スイフトのオイル交換

型番は分かりませんが、2010年に購入した1.2L CVTのモデルです。エンジンは確かK12Bだったかと思います。(うろ覚えですが)

https://www.hks-power.co.jp/product/oil/list/suzuki.html

上リンクの表によると、オイル量はエレメント交換ありで3.1L、エレメント交換なしで2.9Lとあります。オイル粘度は0W-20と非常にやわらかい指定となっています。

使用したオイルは「SN 0-20W 全合成油」とスペックだけはいっちょまえなカインズのオイル。「軽自動車用」と書かれていますが、粘度が適合しているので問題ありません。容量はちょうど良い3Lでお値段1500円という超特価。

使用する道具は、油圧ジャッキ、ジャッキスタンド2個、メガネレンチ、オイル受け、廃オイル用の容器

下にもぐって作業を行うため、まずジャッキアップします。スイフトのジャッキアップポイントはタイヤの進行方向後ろにあります。(下の画像ではジャッキスタンドがある部分)

前輪をジャッキアップする前に後輪にレンガやブロック、太い木の枝などで輪留めしておきます。

FF車ですので、Pレンジではフロントタイヤしかロックしません。サイドブレーキは後輪に利きますが、古い車だとワイヤーが伸びている場合があるので、あまりあてになりません。なので後輪は輪留めをしておく方が安全です。作業の際は平らで舗装された場所で行いましょう。

油圧ジャッキでクロスメンバーを持ち上げ、ジャッキアップポイントにジャッキスタンドを配置します。

オイル受けをドレンボルトの下に置き、ドレンボルトをメガネで回します。トルクがきつい場合は、メガネレンチを鉄パイプで延長して回すか、ハンマーで叩いて回します。

オイルを抜ききったらドレンパッキンを交換してドレンボルトを締めます。トルクは勘で十分です。締め切って更に半回転くらいでしょうか。

オイルエレメント交換は今回はしませんでした。オイルレベルゲージを見ながらオイルを入れて車をジャッキスタンドから降ろして終了です。

掛かった費用は1500円と25分くらいです。ちょっとした工具を備えておけば、スタンドで3500円以上で交換するよりずっと安上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です