ついに出たSuzuki Jimny JB23ガチャ!

2018年9月20日、株式会社BEAMよりついにスズキジムニーJB23ガチャが発売されました。

早速ガチャを回してきました!

ノーマル仕様ホワイト、ノーマル仕様ブルー、カスタム仕様ダークグリーン、カスタム仕様ブラックの全4種。スズキ公認のガチャだというのに、ノーマルだけでなく、カスタム仕様もラインナップしているところにフェチズムを感じます。

ボンネットのインテークとフロントグリルから10型であることが分かります。アームやデフの玉が見えるところや、ミラーまで再現されている辺り大変良く作られています。見た目は全くジムニーその物です。

ひっくり返すと、変速機、副変速機、フロントのスタビライザーまで再現されています。デフの位置も実車と同じように模られています。

カスタム仕様の仕様は社外ボンネット、リフトアップ、大口径タイヤ、オーバーフェンダー、社外リアバンパー、リアスポイラー、MBROテールランプ、マフラー左出し、ナンバープレート・タイヤ移動キットと言ったところでしょう。

ちなみにこの車高とオーバーフェンダーはこのままでは車検には通りません。オーバーフェンダーによりタイヤがボディからはみ出ていないため、白バイには止められませんが、オーバーフェンダーをつけた状態で車検を通るためには構造変更が必要になります。車高も車検証に記載された高さの40mm以上の場合は車検は通りません。見た目では3インチ(76.2mm)ほど車高が上がっているため通らないでしょう。構造変更した時点でメーカーの設計と異なる車の扱いとなってしまいますが、スズキジムニーの場合はカスタム仕様をラインナップに加えています。そこが良い意味で変態。

タイヤを付けると隠れてしまいますが、リアゲートにはJimnyとSUZUKIの文字があります。

驚いたのは内部まで作りこまれているところです。ルームミラーとステアリングと座席が4つちゃんとあります。これはガチャとしては完成度が高いのではないでしょうか。

「これからも長く愛される「現代の名車」となるのは間違いない」でしょうね。

JB64なんかに浮気せずこれからもJB23を潰すまで乗っていこうと思います。(実車の話)

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です