JB23 10型のエンジンルーム

エンジンルームを空けるとこんなふうになっています。

日常点検で見るべき場所

日常点検で見たほうがいい箇所をいくつか上げておきます。

オイルレベルゲージ

エンジンオイルは徐々に燃焼室へ混入して減っていくと共にエンジンの汚れを吸収して黒くなってきます。エンジンオイルが規定量入っているか、エンジンオイルは汚れすぎていないかを定期的に確認しましょう。墨汁のような色をしている場合は交換が必要です。規定量を下回る場合は継ぎ足す必要がありますが、前回の交換から半年もたっていない場合はオイル上がりやオイル漏れなどを疑いましょう。

ブレーキフルードリザーバタンク

ブレーキフルードの量と色を確認しましょう。規定ラインの間に油面がある場合は正常な量です。色は黄色から茶色くらいが正常な色です。黒くなっている場合は交換が必要です。規定最小ライン以下に油面がある場合はブレーキパッドが磨耗しているか、ブレーキオイルが漏れている可能性があります。

エアクリーナーの汚れ

エアクリーナーボックスを開けてエアクリーナーの吸気側の汚れを確認します。燃費に関わりますので真っ黒の場合は交換した方がいいでしょう。

LLCリザーバータンク

LLCは蒸発しますので定期的な量の確認が必要です。エンジンが冷えている時にリザーバータンクの規定ラインの間に水面があれば問題ありません。減っている場合は継ぎ足すのですが、極端に減っている場合は漏れを疑いましょう。

ウォッシャーリザーバタンク

無いと不便なウォッシャー液。切らさないように点検しましょう。

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です