TOYO OpenCountryの良くないところ

TOYO OpenCountryについてネットで調べてみると割りと好評のようですが、自分が2万キロほど使ってみて分かってきた弱点を書きます。

ATとMTの中間といえば聞こえはいいが

OpenCountryの最大の特徴はタイヤパターンです。オンロード性能とオフロード性能を両立させるために、タイヤの中央がATパターンで、タイヤの両側がMTパターンとなっています。このパターンの事をTOYOはラギットテレイン(R/T)と命名しています。

舗装路でのノイズや振動がほぼ無く、ゴツゴツした外見の割には静かで燃費もいいタイヤです。(JB23で14~15km/L)両側のMTパターンでしっかりと泥や石を吐き出してダートのグリップもそこそこ良い。何より見た目がかっこいい。ハネ石は多くなるのでマッドフラップがあった方がいいでしょう。

性能は純正タイヤに毛が生えた程度

タイヤのパターンを見てもらえれば想像がつくかと思いますが、このタイヤが良いのはライトコンディションに限ります。
例えば、70kmほどで走っている際にコーナー中に橋のつぎ目の金属部分やマンホールの蓋などを踏むと、純正タイヤではなんとも無いのですが、このタイヤだとブロックが大きく溝の数が少ないためか少し滑ります。
水分を含むダートで軽くクロカンをすると、中央はATパターンなので性能は純正タイヤと大差ないような印象でした。
ただし、砂利道や乾いたダートは純正タイヤより性能は高いです。

マッドアンドスノーの落とし穴

このタイヤに限らず、マッドアンドスノー(M+S)のタイヤ全般に言えることですが、マッドアンドスノーは名前の通り、泥と雪にしか対応していません。名前が名前なので雪道でスタッドレス代わりに履く人が居そうですが、スタッドレスとしての性能はこのタイヤにはありません。なぜなら、雪のあるところには氷も必ずありますので、雪道をこれで走ると氷の所で滑ります。スタッドレスタイヤであれば、氷でもある程度グリップしますが、マッドアンドスノーでは基本的に氷は非対応です。

このタイヤのポジションは?

OpenCountryはATとMTの中間なのでどうしてもATとしての性能もMTとしての性能も専用タイヤと比べたら劣ります。このタイヤのポジションはどこにあるのかと言ったら、砂利道や乾いたダートやファッションでしょう。個人的にこのゴツい見た目のパターンは気に入っています。燃費をそれほど犠牲にせずこれだけのファッション性が得られるのは大きなメリットです。

タイヤの性能を第一に選ぶのであれば、夏はエコタイヤで燃費を稼いで、冬にスタッドレスでしっかりと凍結路にも対処するという運用方法が一番理にかなっており安全です。

自分はOpenCountryを気に入っているので、夏タイヤとして運用して凍結路はチェーンを巻いて対処しようと思います。今回山形での経験を踏まえて、YOKOHAMAのスタッドレスの購入もほんの少し考えています。

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です