最初は自覚が無いから恐ろしい栄養失調

いらいらするのはカルシウム不足だなんて昔からよく言われるけど、当時の自分は「そんなの嘘だろう精神と栄養なんて相関あるわけない」と思ってたけど、実際栄養と精神は密接に関係してることを身をもって体感した。

腸や精神の疾患の原因に栄養不足が大きく関与している

自分がクローン病とパニック症を発症した時の食生活を思いだすと、ジャンクフードばかりを食べていた。当時、打撃系の格闘技をやっていて、体を鍛えていたが、食の方はまったく考えていなかった。食の問題に気づいた今、バランスよく食べて、サプリメントを飲んで、よく運動して、よく寝て、日光を浴びて、規則正しい生活を心がけた。すると、すっかりクローン病もパニック症の症状も落ち着いてきた。

元々自分はポジティブ思考なタイプで、”精神疾患なんて気の持ちようだ”と本気で思っている人だった。しかし、ある日に発症したパニック症は自分の性格を変えてしまった。何もかもが不安が先行し、広場恐怖には悩まされた。栄養失調というのは恐ろしいもので、簡単に人の性格を変えてしまう。クローン病はただ単に運動不足とやはり偏った食生活だった。合気道を始めてからCRPの数値も落ち着いてきて血便なども減ってきた。それだけでなく、デスクワークで凝り固まった足腰首も解れて一石n鳥だった。

とりあえず、精神、腸で悩んでいる人は身の回りの環境を変えようと努力をする前に、毎日十分な栄養を取って、ウォーキングでもして、日光をちゃんと浴びることをお勧めする。多分初期段階だったら殆どそれで解決するんじゃないかと思う。本来人体は健康に生きるように設計されているものだから、それを乱す要因を排除してやるだけで自然と回復していくはず。

ちなみに今飲んでるサプリメントはエビオス錠。ビールでおなじみのアサヒが作った胃腸薬だが、栄養価が高く、サプリメントとして飲んでいる。しかも値段もお手頃。あとは症状と相談してマルチビタミンやミネラルなどを調整して一番調子いい組み合わせを探していくのがいい。ただ、多くのミネラルは摂取しすぎると他の不調が起こってしまうのでほどほどに。水溶性ビタミンなら取りすぎてもそれほど問題は無い。

なんだか宣伝みたいになってしまったけど、一番主張したい事は、気分が傾いてきたら栄養失調も疑えと言いたい。あと低血糖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です