JB23 10型が4.5万キロ突破

2015年10月に購入したJB23 10型(最終型)が総走行距離4.5万キロを突破しました。

こいつと出会って約3年半、色々な所に行ったなぁ。

出かける前は必ず暖気運転をして、基本的には燃費走行。時々踏み込んでレッドゾーンまで回しています。3000キロ~5000キロでオイル交換。オイルフィルターは毎回交換。フラッシングは2万キロに1回。この間の始めての車検の際にはミッションオイルとデフオイルを交換しました。お金を相当掛けてそうに読めるかもしれないけれど、殆どDIYなのでディーラーやカー用品店に丸投げしている車よりは掛かっていません。その分、手間は掛かっていますが、掛けた分だけ楽しいから問題ない。

エンジンオイルはカストロールの5W-40 SNを使ってるんですが、交換サイクルは4000キロ毎がちょうどいいかもしれないですね。この間は高速を利用したり雪道を4WDで走ったりと色々と負荷が強かったというのもあると思いますが、約4000キロを境にエンジン音の大きさや燃費などからオイルの劣化が感じられました。

この間、5000キロのタイミングでフラッシング+エンジンオイルの交換をしました。フラッシングに使ったのはカストロールのエンジンシャンプー。PCAが強力にエンジン内のスラッジを洗浄してくれます。

エンジンを暖気し、エンジンシャンプーを投入。20分ほどエンジンをアイドリングで回した後にオイルを抜き、オイルフィルターも交換。廃油はポリに入れておいて満タンになったら近所のスタンドに無料で引き取ってもらっています。ポイパックで燃えるゴミで出すより環境にやさしいかもしれません。

フラッシングのおかげか、心なしかいつもより黒いオイルが出たような気がした。フィラーキャップから覗いてみると、見える限りではスラッジなどは無く、新車のようにキレイです。

まだまだエンジンは元気良く回るし粘りもあるし新車と遜色ありません。

ただ、ボディの方に小さな錆びが見られてきたので、ジャッキアップして洗浄して足付けして塗料拭いて、亜鉛のインゴットを取り付けてと本格的に防錆加工をしようかと思ってる今日この頃です。

黒いアクリルスプレーと全く同じタイプのシャーシブラックだと、タイヤハウジング周りは直ぐに泥や水や飛び石ではげてしまいますね。足付けをした上にチッピングコートやウレタンのモコモコ系を拭かなきゃだめですね。

シャーシブラックを吹く際に下回りを見て思ったのですが、素人目に見ても高品質な部品を使っている印象を受けました。例えば、ソリオのリアサスペンションのアームを見てみると、鉄板をまげて強度を持たせたようなものを使ってたりするんですが、ジムニーの場合はアームなどの負荷がかかる所には頑丈な鋳鉄が使われており、フレームに関しても純度が高い鉄を使ってるようです。サスペンションコイルの見た目は軽とはかけ離れていますし、ショックアブソーバーの容量も大きく頼もしいです。最近のコスト削減第一な設計思想の車と比べると、ジムニーの堅牢な作りは非常に魅力的です。

こんな素晴らしい車だからこそ、伝説の旧車といわれるようになるまで、大切に乗っていたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です