HUAWEI P20 liteを購入 FREETELからLINEモバイルに乗り換え

手元のスマホが全滅したので、ファーウェイで安いスマホを買おうと思って選んだのが「HUAWEI P20 lite」。お値段は2.4万円。

 

スペック

  • CPU:HUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU (4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
  • OS:Android 8.0 Oreo / EMUI 8.0
  • ディスプレイ:約5.84インチ FHD+ TFT, 2280×1080ピクセル
  • メモリ:RAM 4GB / ROM 32GB
  • メインカメラ(ダブルレンズ):約1600万画素+約200万画素 像面位相差AF+コントラスト AF
  • インカメラ:1600万画素,FF
  • バッテリー容量:3000mAh (一体型)

指紋・顔認証サポート

セキュリティとしては指紋認証をサポート。さらにiPhoneXでおなじみの顔認証までもサポート。たった2.4万円にも関わらずこのスペック。自分のようなライトユーザーからしてみたら10万円クラスのiPhoneと機能・デザインともに遜色ありません。

充電端子はUSB Type-C採用

技術革新を感じたポイントは充電端子。以前のAndroid端末はmicroUSBで表裏があってわずらわしかったのですが、P20 liteの充電端子はリバーシブルなUSB Type-Cを採用しています。

FREETELからLINEモバイルに乗り換える

FREETELは去年末に自己破産をしてMAYA SYSTEMと楽天モバイルがサービスとブランドを引き継いでいますが、料金が改定されたり、自分の手元のスマホでデータ通信ができなくなったり不都合があったので、現在熱いLINEモバイルに乗り換えようと思った次第です。

FREETELの月額料金は2200~3600円でしたが、LINEモバイル(音声+SMS+データ1GB)にすると1200円になるようです。しかもLINE無料。自分は外出先ではGooglemapかLINEしか使わないのでこれくらいがちょうど良いですね。

1.FREETELのマイページからMNPを発行

FREETELのマイページ→「お問合せ」→「MNP予約番号の発行」から申請すると、数分後にメールにMNP予約番号が届きます。
自分は2年以上(13ヶ月以上)利用していたので発行手数料は2000円でした。

2.LINEモバイルHPで申し込み

ウェブサイトから申し込むボタンを押します。アマゾンで本体とセットで購入した為「LINE MOBILE エントリーパッケージ」という紙が手元に届いているので、そこに書かれたエントリーコードを入力しました。

申し込みには全部で7ステップあり、最初のステップでは回線、プラン、SIMの形状などを選択します。HUAWEI P20 liteはnano SIMです。惰性でドコモ回線にしてしまいましたが、ソフトバンク回線の方が混雑時など強いようです。

その他、必要事項を記入し、免許証や保険証などの本人確認資料のスキャンかカメラ画像を添付して受付完了です。特に問題なければ2,3日後にSIMが届きます。

3.HUAWEI P20 liteのAPN設定

SIMが届いたら本体に差し込みます。

APNは以下の設定を行うのですが、プラグアンドプレイでLINEモバイルを認識してくれました。

名前:任意の名前
APN:line.me
ユーザ名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAP または CHAP

次に利用開始手続きを行います。マイページから「利用開始手続きをする」ボタンを押します。申し込み後数分~1時間以内で開通完了とのことです。1時間たっても回線に繋がらない場合は本体を再起動してみましょう。利用開始手続き後は古い方の端末は利用できなくなります。

無事につながりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です