Web版e-Taxを使って確定申告したけどすごい使いづらい

お国が作るWebシステムはどうしてこうもユーザービリティに欠けるのだろうか。。

自分は去年からフリーランスのWebコーダーとして活動しています。去年の申告の際はキョドリながらもイオンの確定申告コーナーの2時間待ちの行列に並んで税務署職員の方と用紙に記入してパソコンに入力してもらって訳も分からず確定申告に成功したのですが、今年はあの行列に並ぶのは嫌だし、e-Taxに挑戦しました。

「国民年金」と「国民年金基金」が違う事に驚き桃の木、「共済掛金」をどこに入力すればいいのか悩み、収入と所得に何を入れればいいのか迷いながらも何とか入力作業を終えました。あれ?経費の内訳は入れなくていいの?そうそう、恥ずかしながら未だに白色です。。結局Webのe-Taxで送信できるのは申告書B表だけなので、「収支内訳書(一般用)」を紙で税務署に郵送なりで提出する必要があるとのこと。何のためのWebサービスでしょうか。

しかしe-Taxのインターフェイスが使いづらいのなんのって。デザインはまるで90年代のHPのようなテーブルレイアウト。数値を一つ入力するにしてもいちいち画面遷移。ヘルプになっていないヘルプ。わざわざ別ウインドウが立ち上がる不親切設計。推奨環境はIE11だけ(Firefoxでも問題なくできましたが)

完了後にe-Taxについてのアンケートのリンクがありました。ユーザーアンケートによってサービス向上に努めようという素晴らしい心がけですね。アンケートはガッツり15問くらいあったと思います。

しかしその中にそんな質問いるのか?という設問がありました。

「e-Taxは24時間土日祝日も受け付けてるがどう思う?」をわざわざ3つに分けて質問しています。平日9時~17時までしかやっていないお役所としては24時間土日祭日も稼動し続けるWebサービスは新鮮なのでしょう。民間からしたらWebサービスがSLA99.99%で稼動することは当たり前です。

今年は青色にして弥生を使おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です