諭吉様が行方不明

自分のサイフにあった諭吉様が行方不明になりました。

16日にサイフに入れたのを確認してそれ以降に現金を使ったのはローソンと、幸楽苑でゆず塩野菜ラーメンを頼んだ時だけなのですが、もしかしたらその時に千円札と間違えて諭吉様を出しちゃって向こうも気づかずに。。。とか色々考えてみるのですが、確信には至らないわけで。

いくら考えても諭吉様が無くなった事実とモヤモヤだけが残る。

とりあえずゆず塩野菜ラーメンはうまかった。このラーメンになら1万円払ってもいい。いや疑ってるわけじゃないですよ。

現金持っててもメリットないよ…

現金から得られる恩恵は額面だけしかないが、盗難や紛失の事を考えると管理コストは非常に高い。現金を持つという事は失う・強盗に遭うリスクも同時に持つというわけで。あと悪意が無いにしても人為的ミスもありえる。

現金を使用した際は「誰から誰へ」という履歴は残らないが、これがクレジットカードであれば、「誰が」「いつ」に「この店舗」でいくら使ったという記録が残るし、その正確な時刻から防犯カメラの情報を参照すれば殆どの場合、個人を特定できる。もしカードを紛失して他人に使われたとしてもその料金は支払わなくてもいいという保証が付いている。現金には一切の保証が付いていない。

クレジットカードは1回払いであれば、手数料は店側が負担してくれるため、実質タダでお金を借りられて更にポイントが付いて1%ほどキャッシュバックされるという良い事ずくめなシステムなのだ。ちなみに普通にお金を借りるとなれば3%~18%の金利が取られる。

以上のことから、現金を使うことは損でしかない。現金の恩恵が大きいのは、その匿名性の高さから犯罪者くらいではないだろうか。

現金を使うのを止めよう

これからは決済はできる限りキャッシュレスで行おうと思い、先ほど現金を全て銀行に戻してきました。

まだキャッシュレスの手段はクレジットカードやパスモくらいしか使った事が無いのですが、QRコード決済も使ってみようかなと思います。問題は対応してる店舗が少ないという点。

クレジットカードは殆どの店が対応しているが、サインレス決済に非対応の店舗が多い。全ての店舗でクレジットカードがサインレス決済になったら便利なんですけどね。

小規模の飲食店や祭りの出店などは未だにキャッシュレス対応していない所がまだまだ多いですね。現金が入用になる度にATMから現金を引き出して手数料を引かれているのではもったいないので、全国展開で手数料無料のゆうちょ銀行に移行しようかなとも思っています。

「管理不足の君が悪い」

最もなご意見ですが、人間という生き物は本当につまらないことでミスをする生き物です。どれだけ几帳面で用意周到で神経質な人間だとしてもミスする可能性は0ではありません。人間が人間である以上ミスを犯す事は不可避なコストとして考え、それならいっその事フェイルセーフで、現金を使わずクレジットカードなどの保証の効くシステムに責任を丸投げしてしまおうというのが自分の考え方です。

以上

以上、諭吉を落とした!現金はメリットが無いどころかデメリットが多いからキャッシュレスに移行しよう。でも現金文化はまだ終わらないだろうからゆうちょ銀行口座を持とうかな。というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です