新紙幣発表 1万円札が渋沢栄一に。令和も近代の呪縛

カルロス・ゴーンのニュースの裏で紙幣の肖像画が新しく変わるというニュースが流れた。
2024年上期をめどに新しいデザインの500円玉、千円札、五千円札、一万円札が発行される予定。

千円札北里柴三郎 ”日本細菌学の父と呼ばれる日本医学発展に貢献”
五千円札津田梅子 ”日本初の女子留学生であり近代的な女子高等教育に尽力”
一万円札渋沢栄一 ”資本主義の父と呼ばれる日本の経済近代化の最大の功労者”

日本銀行券については偽造防止のために約20年毎に刷新を行ってきた。今回の紙幣の刷新の主目的も偽造防止で、3Dの肖像画が回転するという最新のホログラムを一万円札と五千円札で採用される。
デザイン面での変更としては、額面の数字を大きくするといったユニバーサルデザインが意識されている。3名が選ばれた理由は”明治以降の文化人の中から選定する”という前例に則ったため。

個人的には、新元号発表よりも大きな違和感を感じた。
日本政府自身がキャッシュレスを推進する傍ら、近代日本の文化人を思い出しながら新しい紙幣のデザインを考えているという構図は矛盾そのもの。キャッシュレスが進んでいくのなら、徐々に現金は要らなくなるはずだが、紙幣の偽造防止というところばかり技術革新が行われている。ちなみに自分は普通に生活をしていて一万円札なんて殆ど使わない。
現金は盗難・紛失リスク、汚損、輸送費など諸々のコストが大きい。現金を発行する毎にコスト分の価値が目減りしているわけだが、今回の刷新のように未だに車輪の再発明のような事を行っていることに驚く。
しかも、時は令和になろうとしている現代だというのに、近代に活躍した人物が選ばれるという。日本はまだまだ近代の呪縛に捕らわれているようだ。

ファイル・ロケーション: 随筆

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です