ハイキング 最勝寺→浄因寺→行道山

自分の住んでいる所は四方が山に囲まれたとある町。四方が山と言っても山奥というわけでもなく、僻地というわけでもない、高速と駅がありアクセスは程ほどに良く生活に不便はしない。

この日は自室の窓から見えていた東の山を登ってきた。この山は窓の外を見るといやでも目に入る山で、小さい頃は時々望遠鏡で山肌を覗いてみたりもした。

最近山と言う山には大体登山道があるという事を知ったのでこの山も登ってみることにした。以前は見るだけだった山についに足を踏み入れる。

本当は車でもっと上まで行く事ができるが、立派な入口があったのでここから登った。

石階段は直ぐに終わってしまい、くぼみのような道になっていた。足場はざらざらした岩でグリップが良く歩き易かった。

しばらく登ると年季の入った東屋が現れた。屋根は所々腐っていて瓦が落ちていた。

しばらく登るとあたりを一望できる所が現れた。右奥に見える山が金山だ。

1256年に立てられた供養塔。

子種石。触ると授かれるそうです。

大岩毘沙門天の参道の石段。1704年当時の形のまま残っている。

大岩毘沙門天本堂。建物は1762年の再建だそうで。ここでは足利の奇祭「あくたい祭り」や「滝流しの式」が行われる。

毘沙門天の杉。秋田県の羽黒山の爺杉には叶いませんが、こちらも樹齢600年と立派。

本堂を後にして上へ。

乾いて冷たい初夏の風が心地良い。この時期の山の匂いは好きだ。

さらに上へ。

車で来れるのはここまでです。(自分は歩きで来ましたが)

ここで分かれ道が。左は階段、右は「巻道」と書いてある看板がある。おそらく山を巻き込むように緩やかに登っていくのだと信じてこちらの道を選んだ。

明らかに下っているし、途中で分かれ道があったりする。

矢印を信じて左の道を選ぶ。明らかに登ってるし間違いないだろう。

ここではGooglemapは使えない。時々看板が現れて安心する。

しばらく歩くとトロッコの線路が現れた。

どうやら浄因寺まで来たようだ。

 

まるで山城のような石垣だ。石段を登っていくと、中々エモい建物が現れた。

結構大きく立派な建物だ。ちなみに先ほどのトロッコが開通したのはここ数年らしい。こんな山奥までよく資材を運んできたなと感心する。

猫が住んでいた。

本堂裏からさらに登る。

こころなしかここは首無し地蔵が多い。

竹に書かれた文字。傷を付けることでその竹が枯れない限り半永久的に文字が残るというもの。一番古いもので1999年の書き込みが確認できた。

0.6kmとあるが、山の600mは体感で地上の2kmくらいはある。

見晴台という名だけあって見晴らしがいい。

根釈迦

まだまだ登ります。尾根っぽいところだなと思ったら、

ついに行動山(442m)の頂上に着きました。あさっての山に行かなくて良かった。

遠くに赤城山が見えます。

足利市も一望できます。

大岩毘沙門天に続いているようで良かった。

もう後は尾根を歩いて下るだけです。

ほぼ直線の尾根が終わったら連続ヘアピンで山の斜面を下ります。

どちらに行こうか迷った分岐に戻りました。終わったー。

今回歩いたルートは大体こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です