JB23のエアコンの効率アップ

JB23はエアコンの冷媒管が触媒の近くを通っています。

これでは熱をもろに受けてしまい、冷却効率に影響があるのではないかと思います。

そこで、断熱ホースを巻いて冷却効率の向上を図りました。

用意したものはこれ。

モノタロウで売られている「エアロフレックス チューブ」というものです。材質はネオプレンスポンジで、耐候性・耐防湿性に優れています。用途には「水道管の防霜、防氷用に。 冷水管及び冷媒管の防露や熱吸収を防ぎ、温水管の熱発散を防ぎます。 」とあるので今回の用途にぴったりです。何より安い。届いてから気づいた。ちょっと太すぎた。。

熱の反射・分散を狙ってアルミテープを巻いたのですが、曲線に対応できず、まるでアルミホイルを巻いた芋のようになってしまいました。

見た目がアレですが、かなり冷えるようになりました。見た目はアレですが効果は確かなのでしばらくこれで行きたいと思います。見た目がアレで人前でボンネットを開けたくないくらいですが。。後でもうちょっと綺麗に工夫します。

以外と知らないエアコンの仕組み

簡単にエアコンの仕組みを解説しますと、まず、コンプレッサーによって冷媒ガスを圧縮します。次に、圧縮されて高温になった冷媒ガスをコンデンサー(ラジエーターやインタークーラーと同じようなもの)で外気によって冷却します。その冷却した高圧冷媒ガスをエバポレーターに吹き付けます。すると、エバポレーターを境に負圧になっているので圧力が下がります。するとガスの温度も下がるため、予めコンデンサで冷やしておいた分、圧縮前よりも温度が下がるというものです。ちなみに、圧力差を維持するために、高圧側の配管は細く、低圧側の配管は太くなっています。

なので、高圧側の冷媒管をエンジンからの熱気で保護すべきと思うのは正解ですが、エアコン回路外のエンジンから熱を浴びているという状況は低圧側も高圧側も変わらないので、低圧・高圧管の両方に施工するのが正解です。

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。