アンテナに雷が落ちました

この日は夕方ごろから雷が鳴っていた。

突然鳴り響く轟音

22:30頃、布団でうとうととしている時、突然耳を劈く轟音が響いた。「ドガゴゴーン」

半分寝ていた自分ですら相当大きな音に聞こえたのだから相当近くに落ちたのだろうと思っていた。そのとき、鳥肌でもなんでもないのに左腕の毛が逆立っているのを感じた。

翌朝、テレビがつかない

翌朝、テレビをつけようとしたがテレビがつかない。PCのモニターも一つ映らない。EMPでやられたのだろうか。

アンテナを見ると黒こげで玄関先にアンテナの部品が落ちていた。夕べの雷はアンテナに落ちたのだろう。

今回が初めてではない

雷が落ちたのは今回が初めてではなく、2015年は電線に落ち、電化製品の殆どが壊れた。2009年ごろにも近所に落ちて漏電ブレーカーが落ちたことがあった。2006年ごろには家の前の電信柱に落ちたのを祖母が目撃していた。どうやらここは雷が落ちやすい場所のようだ。

雷は落ちやすいのだが地上波放送の電波は入りづらく、雷が落ちた同アンテナは、2014年頃、地上波放送の映りが悪いために家の屋根にさらに2mほど高くアンテナを設置したものだった。当時、自分と父は絶対に雷が落ちると反対していたが、テレビを快適に見るためにはこの方法しか無かったため、仕方なくアンテナを設置した。周りにはこのアンテナよりも高いものがあったため、そんなに気にする事は無いだろうとは思っていた。今朝までは。

一刻も早くアンテナを降ろして、二階のバルコニーあたりに付け直そうと思う。映りに関しては素子数の多いアンテナにブースターをつけて調整して何とか映ればいいが。もしアンテナの線が焼けていたらその修理費も掛かる。あまりにも酷いようであれば、いっその事テレビを見るのをやめようかとも思っている。

二度の落雷で生き残っているLGモニター

現在、自室にはBenQとLGのPCモニターがある。BenQの方は液晶が付かなくなってしまったが、LGの方は問題なく動作している。2015年の落雷の時はiiyamaのモニターとこのLGのモニターだったが、そのときはiiyamaのモニターが壊れたがLGは壊れなかった。2度の落雷で生き残っているLG製品に少し関心している今日この頃。次はLGのモニターを買おう。

ファイル・ロケーション: 日記

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。