JB23のエアクリを湿式のK&Nに変えてみた

JB23で使っていたモンスタースポーツ製のエアフィルターがそろそろ寿命なので、以前から気になっていた吸気効率が非常に高いK&Nの湿式のエアフィルターに変えてみました。

こちらのK&Nは従来の紙製のフィルターとは違い、オリジナルコットンが編みこまれてできています。そこにオイルを塗布することによって吸気効率と集塵性を両立したエアフィルターとなっています。

ちなみにオフロードタニグチさんによるエアフロー検証動画があります。

K&Nのエアフィルターはピンポン玉が上がりっぱなしで高いエアフローが確保できている事を示しています。

この商品の価格は5,000円弱とモンスタースポーツ製の純正交換タイプのエアクリと同じ価格帯ですが、このフィルターは専用液で洗い、専用オイルを再塗布する事で再利用が可能となっています。
パッケージの説明文によると、8万kmごとに洗浄耐用距離は160万kmとのことです。桁が違いますね。

日本の国土面積はアメリカの1/25なので、3200km毎に洗浄耐用距離は6.4万kmと考えたほうが良さそうな気がします。※あくまで根拠の無い皮算用ですが。

フィルターを光にかざしてみると結構隙間が見えて、なんだか心配ですが、きっとオイルが汚れを吸着してくれるのでしょう。
ISO 5011テストに合格しているとのことなので、集塵性には問題ないと思われますが。

モンスタースポーツのエアフィルターとの交換でしたが効果は体感で分かりました。アクセルを踏んでグングン進む感じです。ターボの立ち上がり方からも吸気効率の良さが感じ取れました。

今回は試しだったので、洗浄キットは購入しませんでしたが、使い続けてみて集塵性の方に問題が無いようであれば購入しようと思っています。もし問題が無ければ性能・コスパ共に最高のエアクリーナーでしょう。

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。