アクセルオフでヒューエルカットされます

「アクセルオフでヒューエルカットが入る」が「エンジンブレーキでヒューエルカットが入る」になり、さらに曲解して「シフトダウンするとヒューエルカットされる」などと世間ではヒューエルカットについて少し間違って語られている印象がありますが・・・エンジンブレーキを掛けなくてもほとんどの場合、アクセルオフでヒューエルカットされます

ヒューエルカットの制御が入る回転数はエンジンにもよりますが、自分のK6Aでは1200回転以上でアクセルオフされた場合、ヒューエルカットが効いている様子(感覚で)でした。1200回転以下で走ることはほぼないので、わざわざギアを下げなくてもアクセルオフだけで十分にカットされていることになります。

ATやCVT車でギアが落ちにくい場合はシフトダウンを積極的に使った方がヒューエルカットを効かせやすい場合もありますが、最近の車はいい意味でケチ(エコ)なのでアクセルオフだけでヒューエルカットが十分に効くように設定されているでしょう。古い設計のK6Aですらヒューエルカットが満足に効いているのだから、大体効いてるはず。

一部の古めなエンジンではヒューエルカットの制御自体が無いものもありますが。

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です