家庭菜園を始める – ボカシ肥を作ってみる

ボカシ肥とは米ぬかに油粕、骨粉、カキ殻、苦土石灰などを混ぜて発酵させて作る肥料です。殆どタダで手に入る米ぬかがベースなのでコスパに優れます。

米ぬかだけで嫌気発酵させる場合と納豆菌を使った好気的発酵の2つがあります。好気的発酵の場合は発酵中の臭いが強く、酸素を必要とするためかき混ぜる必要があります。今回は手間のかからない嫌気発酵で作ります。

近所の精米所から米ぬかを調達してきました。最近米ぬかが持ち帰れる精米所は少なくなってきましたね。

ホームセンターで油粕5kg 698円と苦土石灰20kg 298円、70Lのビニール袋を購入。
カキ殻の有機石灰を買おうと思ったのですが桁が一つ違いました・・・そっちが高いのか苦土石灰が安すぎるのか・・・とりあえずコストを抑えるためにカキ殻は諦めました。
苦土石灰はボカシ肥に20kgも使用しませんが土のpHの調整に使えるのでストックしておきます。

作り方ですが、色々調べてみましたが材料の具体的な比率についてはどこにもありませんでした。他人のボカシ肥を作っている動画を真似して目検で混ぜます。大体、米ぬか10に対して苦土石灰2、油粕3ってところでしょうか。そこまで厳密にやらなくても大体大丈夫でしょう。ぬか漬けや畑の土などの種菌を入れるのを忘れずに。

ビニール袋を容器に2重に被せ、米ぬか、油粕、苦土石灰を入れて混ぜます。そして、水を500ccくらい入れてかき混ぜて全体がしっとりするくらいにします。

上から手で押さえて鎮圧して空気を抜きます。

空気を抜きながらビニール袋を縛り、バケツから取り出すと画像のようになります。崩れてしまうようであれば鎮圧が足りません。

冬場なら2~3か月で発酵してボカシ肥になるそうです。作付けは3月末くらいからなのでちょうどいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です