イノシシが来たのでパイプで尻を叩いて追い払いました

1/19 18:30頃。畑の方からパチパチと焚火をしているかのような物音がしているのに気づきました。最初は不審者が何かやっているのかと思い、何も持たずに声で威嚇をしながら畑の方へ行ってみたところ、人影は中々見えませんでした。少し進んでいくと向こうから黒いシルエットが近づいてくるのが見えました。中型犬にしては太めで前が大きい。ずんぐりむっくりで長い鼻はイノシシだ。
この時、他の畑からピロピロと音が聞こえてきました。目視は出来ませんでしたが、音や気配からもう2~3匹は居たと思います。その畑には赤外線センサーで音が鳴る装置が設置されていて、イノシシに反応して鳴っていたのですが、目の前のイノシシは気にも留めていない様子です。

一度家に戻り、ステンレスパイプとフラッシュライトを持って戻ると、イノシシはうちの畑の西側にある土手の中腹を歩いていました。パイプの間合い1.5mまで近づいても向こうは怖がりもしないし、こちらに無関心でした。何なら素手で触れたかもしれません。イレギュラーな性格を持った個体だったのでしょうか。

イノシシは引き返して裏山の方へ歩いていきました。せっかくうちの畑の近くまでお越しいただいたので、痛い思いをしてからお帰り頂きたかったので尻にフルスイングを食らわせました。イノシシの体はまるで岩のように硬く、パイプの方が曲がってしまいました。

イノシシは少し小走りになったものの、何事もなかったかのように歩いていきました。そして、行き止まりのコンクリートの壁に鼻をぶつけてから左に方向転換し、山へ帰っていきました。

近くで観察してみて分かった事

  • 目はほとんど見えていない。
  • 音や光、人間の存在に対しても無頓着な個体も居る。多分そういうやつらが民家近くまで平気で下ってくるのでしょう。
  • 自分の鼻先が通る隙間さえあれば突っ込んでいってしまう。実際に他の畑では木でできた柵がパキパキと壊されていました。
  • 鼻先が入らない「壁」と認識した場合は方向転換をする。

イノシシに対しては鼻先が入るような隙間だらけの柵やロープを張っただけの柵は無意味です。近所では電気柵も突破されたという話も聞いています。
強固な作りではないにしてもちゃんと目隠しをして「壁」と認識させるような作りの柵を設ければもしかしたら被害は防げるかもしれません。

3月のジャガイモの植え付けの前に柵づくりが必要ですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です