JB23W 10型のノークラッチシフトのやり方

ノークラシフトを極めると:
・シフトチェンジのタイミングがより正確になる。
・クラッチが故障していても運転ができるようになる。
・長いドライビング時の体力の温存。

ギアの回転数から各ギアの車速を求めるjsを書きました。

出だしは半クラを使います。もしクラッチが故障して切れない場合はアクセルを踏みながらキーを回してセルモーターで発進します。または現実的ではありませんが、ニュートラルで車を押して歩きぐらいの車速になったら1速に入れるという方法もあります。

アクセルを踏み込み加速をします。シフトチェンジの回転数(例えば3000rpm)まで行ったらアクセルを離さず、パーシャルにしてギアをNに抜きます。ギアが抜けると同時にアクセルを離します。次のギアの回転数(1速3000rpmなら2速1800rpm)まで落ちたら、クラッチを踏まずに2速に入れます。この時の力加減は強すぎず弱すぎない程度に。力加減は書き表し難しよくよく吟味すべし。

同じように、1.加速、2.シフトアップの回転数でパーシャル、3.ギアを抜くと同時にアクセルを離す、4.次のギアの回転数まで落ちたらギアを入れる。大体3000rpm→2000rpmとやっていけば間違いないです。多少の誤差はシンクロが吸収してくれます。

シフトダウンの際は、1.パーシャル、2.ギアを抜くと同時にアクセルを離す、3.アクセルを踏んで下のギアの回転数まで上げる、4.下のギアに入れる。という具合です。

ポイントとしてはクラッチを切る際はアクセルオフではなくパーシャルの時に切るという事です。これはクラッチを使ったシフトチェンジの際も同じです。そして、車速と回転数がバッチリ合っているとシフトレバーを動かす力は必要無くなっていきます。ノークラシフトが難なくできるようになると、高負荷走行時やクラッチを使ったシフトチェンジの際も簡単にスコスコ入るようになるでしょう。操作に力が要らないということは機械的にも無理がないということです。

ファイル・ロケーション:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です