消毒用アルコールが入手困難でも次亜塩素酸ナトリウムは簡単に入手可

消毒用アルコールが全国的に品薄だそうですね。

市場で品薄になっているものは「消毒用」だとか「アルコール」などの文言が謳われたものだけのようで、次亜塩素酸ナトリウムは比較的簡単に手に入ります。
もし次亜塩素酸ナトリウムすらも品薄になった場合はベンザルコニウム塩化物液を探してみます。

次亜塩素酸ナトリウムは広く使われている消毒液で、身近な使用例では漂白剤、プールや水道水などに入っています。医療現場でも消毒液として使用されています。食品添加物としても指定されているので、用法を守れば安全な消毒液です。

今価格を見てみると、やっぱり自分が買った時よりも数百円高くなっていますね。

使用方法ですが、この原液を規定の濃度で薄めて霧吹きなどに入れて使用します。濃度はパッケージに書かれていた「用途および使用法」の食品工場の機械の消毒を参考に、200~400倍に水で薄めて使用しています。百均で購入した500mlのスプレーボトルに対して2ml程度と水を入れます。もともと消毒用途では大体アバウトな表記をされているのでアバウトで問題ありません。

濃度についてもっと厳密に知りたい方はこちらを参考にどうぞ。

注意点としては、

  • 希釈した次亜塩素酸ナトリウムは分解されやすいため、早めに使用したほうがいいでしょう。
  • 薄めている場合ほぼ問題ないと思いますが、原液は天然繊維類や金属に対して腐食性が強いので、スマホやアクセサリーなどにかからないように気を付けましょう。
  • 強い酸性物質と混ざると塩素ガスが発生するため、混ぜるのは水だけにしましょう。
  • 使用方法は布に吹き付けて床や壁やドアノブなどの消毒に使います。
  • 強アルカリ性なので手指の消毒には使わない方が望ましい。やるとしたら自己責任。
    (自分はかまわず手指の消毒にも使用していますがさほど問題ありません。手荒れは土いじりした後の方がひどい。)

これ一本で100L~200Lの消毒液が作れます。素晴らしいコスパです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です