JB23のバッテリーの交換

そろそろ5年のバッテリー。出だしの半クラの時だけエアコンのファンの回転数が落ちたり、セルモーターが元気なかったり、電圧の低下が目立ってきたので交換することにしました。

ジムニーのバッテリーサイズはB24R。初期バッテリーの性能ランクは55。GSユアサ製。

B24RのサイズをAmazonで探してみたら、Panasonicのカオスバッテリーがヒットしました。性能ランクは80と初期バッテリーより高い。価格も1万円弱で純正バッテリーと変わらない金額でより高性能なものに乗せ換えられるのはオイシイ。

これでオルタネーターへの負担が減って燃費の改善にもつながるでしょう。

バッテリーを取り外してしまうと、ECUや時計などがリセットされてしまいます。そのため、交換時には9V電池などを使用したバックアップ電源を繋げて行うのですが、自分の場合はエンジンを掛けっぱでバッテリーを交換しました。ショートのリスクがあるため非推奨ですが間違えなければ10㎜ソケットレンチ1本だけで時計等の再設定なしで交換できます。

リスクを許容したお手軽なバッテリー交換方法

自分なりにリスクコントロールを踏まえた手順でありますが一般的なやり方ではありません。

1.バッテリーを固定しているステーを10mmで外す。

2.エンジンを掛ける。

3.バッテリーのプラス端子を外して手袋などを被せて絶縁する。
(エンジンを掛けないやり方であれば、マイナス端子から外す。絶縁不要。)

4.マイナス端子も外してバッテリーを取り外す。

5.新しいバッテリーを設置して、ステーを復元する。

6.プラス端子を取り付ける。

7.マイナス端子を取り付ける。

電圧計を見たら古いバッテリーの時の11.9Vから13.1Vになりました。エンジンの掛かりも良くなったし、電圧も安定しています。さすがカオスバッテリー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です