必要なヒールアンドトゥと無駄なヒールアンドトゥがあると思う

街乗りでヒールアンドトゥは不要だという意見は多い。確かに街乗り程度ではどんな乗り方をしても直ちに壊れることは無いわけで。ある意味正しいけどある意味間違ってもいる。この微妙なニュアンスはMT乗りならだれでもわかると思う。

車速が落ちてからギアを入れていたらかったるくて仕方ない。かといって車速が落ちる前にギアを入れたらクラッチの摩耗が進む。そこで、ヒールアンドトゥで減速しながらシフトダウンとブリッピングを行うことによってスムーズで機械的に優しい運転ができる。

しかし、赤信号で止まる時にヒールアンドトゥは必要だろうか。この場合は、よほど速度が出ていたり、あるいは雪がつもってるわけではないのなら、ある程度エンブレを利かせてからブレーキパッドのみで止まるほうが良いと思う。いちいち止まるたびにエンジン回転を上げていたらエンジン寿命が縮まってしまう。ブレーキパッドなら数千円で交換できるが、エンジンはそうはいかない。街乗り速度で赤信号をまっすぐ止まるだけならブレーキで十分だというのが自分の考えです。

自分がヒールアンドトゥが必要だと思う所はコーナー手前だと思う。コーナー前の減速中にヒールアンドトゥでギアを落とし、立ち上がりにいつでもアクセルを踏み込める状態にしておく。するとAT車の様にスムーズにコーナーを突破できるし、クラッチにも優しい。エンブレも適度に効いて車体も安定する。

かといってすべてのコーナー手前でヒールアンドトゥをしているかと言ったらそうでもなく車速次第だったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です