JB23Wのショックの交換。なめてしまったダブルナットを破壊して外す

JB23Wのフロントのショックアブソーバーは凶悪なダブルナットです。下のナットを薄型スパナで抑えながら、上のナットをメガネで回すのですが、なかなか回らない。浸透潤滑剤を吹いて試みてもダメ。しまいには何度も下のナットを舐めてしまい、正攻法は諦めました。

車検の時に整備士にこれをどうするか聞いたところ、工具が入らないのでボディを外して持ち上げてインパクトで外すしかないと言われましたが、修理屋さんは壊し方については詳しくなかったようで、調べてみると数千円で良い道具がありました。

その名もTRUSCOのナットブレーカー

ナットを破壊してC形になったナットにマイナスドライバーを当ててハンマーで叩いて外れました。

どうですかこれ。こんなところに柔らかいナットを使っちゃダメですよねぇ。その反省を踏まえてか、コストカットか、新型ジムニーではシングルナットになっています。

舐めたナットのせいで後回しになっていた左前のショックも無事に交換できました。

ちなみに、ショックアブソーバー下側の規定トルクは90N・mです。上側も規定トルクがあったと思いますが、ゴムブッシュによってテンションが掛かってるのでそれほど神経質になることはありません。

取り外した状態ではフロント用のショックは純正より短く見えますが、それは元から少し縮んでいる為だと思います。取り付けた際に車高に変化はありません。というか新品になった分5mmほど上がった?

4本ショックを変えた感想としては、めっちゃいい。純正よりも伸び側が強化されている為かトラクションが上がりました。横Gが掛かっている所で段差を乗り越えるとズルっと横滑りする感じが今まではありましたが、このショックに変えてからそれが無くなりました。また、コーナー立ち上がりのロールの収まりも早く、トラクションが今までより強くかかり、アクセルを開けるタイミングが早くなりました。乗り心地もいいですね。いつもより1往復揺れが少ない感じです。加重のコントロールもしやすいです。

カヤバのExcel-Gオススメです。モンスタースポーツの2cmハイトアップスプリングとも相性抜群です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です