あけおめ

今日は道場の仲間のノブさんと筑波山へ初日の出を見にいった。

3:30発ということで自分は3:00時に目覚ましを掛け、大晦日の21:00にベッドに入った。

そして1/1。外気温は-5℃。手早く支度をしてエンジンを暖気する。そうしているうちにノブさんがうちに到着し、出発する。夜中の幹線道路は非常に空いていて快適だった。昼間であれば2時間かかる所を1時間半で到着してしまった。

筑波山は車で結構上まで登ることができ、売店、ロープウェイの駅、ガマランドというB級テーマパークまである。ここは大きな駐車場だが、この日は自分たちが入ってすぐに満車になってしまった。8割が初日の出目当ての登山者のようだった。

ロープウェイは通常であれば運航していない時間だが、この日は運航していた。しかし、チケットを購入するのに1時間かかるという噂を登山中に聞いた。

ガマランドの脇に登山口があり、そこから登った。日の出まであと1時間ほどだった。登り始めるや否やノブさんが体調不良でリタイヤ。症状は寝不足と低血糖症と気圧の変化による体の反応に見えた。自分はせっかく来たので一人で登った。

道は結構な岩場だった。大小さまざまな岩が転がっていて、ふくらはぎや足の指の筋肉を結構使う。しかし高低差は300m程度でそれほどハードではない。1時間弱くらいだろうか、女体山頂上近くで初日の出が始まった。水平線の彼方からゆっくりと光度を増して太陽の輪郭をあらわにしていく様子は神秘を感じた。

せっかくだから頂上へ行こうと登っていくと、徐々に人が増えてきた。頂上の展望台は人でぎっしりだった。これは登らなくて良かったな。

人混みにつかまりながらも下山。下山には1時間もかからなかった。下に着くと、ガマランドがやっていて、入口近くで味噌だんごと甘酒が売られていた。ノブさんと落ち合い、味噌だんごを食べに行った。味噌だんごは見た目が焼きまんじゅうだったが、しっかりとだんごだった。

次に合気神社へ向かった。合気神社は人気が無く寂しい印象だった。その後、斎藤先生の実家へ巡礼してから帰った。

ラーメンが食べたい。だけど元日はどこの店も閉まっているのでイオンの中のラーメン屋へ行きました。イオンも混んでたなぁ。元日はどこの店も締めてしまうから集中するんだろうな。

イオンの帰りの出来事。帰る際に立体駐車場から出ようと思ったところ、妙な気配がした方向を見てみると、軽ミニバンの下に何かがぶら下がっているのを見つけてしまう。二度見すると、どうやら猫の頭の様に見えた。もしやと思いながら近づいてみてみると、ドライブシャフトにネコが絡まって息絶えていて、外に出ている頭だけが垂れ下がっている状態だった。仕方ないので、その旨の書置きを残して立ち去った。その車のフロントガラスには大きなヒビが入っていた。もしかしたらこの車のオーナーは車に無頓着な人なのかもしれない。可哀そうだがこれも運命。オーナーの飼い猫では無い事を祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です