護身術って実際役に立たないよね

色々な人がYouTube等で護身術を解説していますが、中にはこれは使えそうっていうのもありますが、ほとんどが熟練した技術を要するモノだったりします。

とある県警察が作った護身術のビデオは肘よせ以外あまり役に立ちそうにありません。

まず、小手返しは熟練していないと絶対にかかりません。手首だけでなく、肘、肩の関節までロックして腰まで響かせて倒す技です。それには立ち位置も重要で、動画のような位置でかけようとするとすぐに相手の左手で抵抗されます。一挙手一投足で崩しを入れなければ抵抗されて技にならないのです。その崩しは言葉で言い表せないし、見た目にも現れないため、稽古の中で獲得していくしかありません。武道を数年やってる人でも実戦でかけることは難しいと思います。

背後から首をがっちりと締められたら実際エスケープは難しいです。また、全ての状況においてそうですが、攻撃者は掴んだり締めたりすると同時に崩しにかかってきます。崩された状態でそれらの技が出るかと言ったら難しいでしょう。(そうなった場合の対処方法はいくつかありますが。)

実際の所、真っ先に頼りになるのは力と無意識に表れる動作です。しかしながら、力は力で返せてしまう。力量を埋めるためには技が必要になってきますが、ちょっと習った程度ではどうにもなりません。技を無意識レベルに出せるように普段から体にしみこませ、ある程度の筋力も必要です。

それ以前に、襲われる状況にならないように人通りの多い道を選んだり、イヤホンをしながら歩きスマホをしない、待ち伏せされないように定期的に移動経路を変える等、狙われない立ち回りも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です