生きる理由が無い←分かる

某YouTuberの方が無くなったニュースが流れてきて、その人の存在はその時に知ったんだけど、どんな人なんかなと調べてみて動画を見てみた。

断片的に見ただけだけど言ってることは全て共感できた。

数年前の俺も同じことを思っていた。生きるモチベーションが無くて、なぜ生きているのか考えるが見つからない。何か答えを見つけようと色んな人に相談するけど、人それぞれ答えは違っていて共感もできなくて、モヤモヤしながら日々を過ごす。それは死んでないだけ。

俺は生きる事は死ぬまでの暇つぶしなんだと悟った。暇つぶしにしては長すぎるし疲れる。自分の唯一の理解者は去っていった。死のうと思ったらそういう時に限って幸運なんだか不幸なんだか邪魔が入って死に損なった。家族や周りの人たちに迷惑を掛けて、周りの人は皆俺の事を心配してくれて、俺ってそんなに価値のある人間じゃないのにと思った。何より親にあんな顔をさせた自分が情けなかった。

すべての人がこうなるわけじゃないだろうけど、自分の場合は真理を見つけたかのようにこう思った「生きていれば何でもできるじゃん。起業もできれば、プログラミングも頑張れるし、遊べるじゃないか。それらは死んでいたらできない事だ。」自分なりに生きる事の価値を悟った。心は死んだが同時に甦った。当時どん底の精神状態だったから後は登るだけだった。

今も時々、なぜ生きてるのか考えることはあるけれど、いつの間にか考えてた事を忘れてケロッとしてたりする。生きる理由を考えてる時は大体、無い理由をこじ付けようとしている時だ。野生のライオンやシマウマが何のために生きてるか考えてるだろうか。おそらく生きる理由ってのはそもそも存在しておらず、健全な動物は生きる理由なんて意識すらしない。そういう哲学的な疑問が沸いたら答えを見つけようとせず、日向は暖かいなぁとか目先の幸せを探してその場をしのぐと時間が解決する。

今は如何にして平穏に心身共に健康に長生きできるかを考えて過ごしてる。スモールイズビューティフル、足るを知る。禅が自分の答えだった。野良猫に学ぶ事も多くて、俺は人間の友達よりも野良猫の友達の方が多い。

人は遅かれ早かれ必ず死ぬ。人生は死ぬまでの余暇なんだから、何もしないで過ごしてもいいけど、せっかくなら楽しく過ごしたい。理由なんてそれほど重要ではなく自分を納得させることが大事。強制終了も一つの選択肢だと思うし否定はしないがつまらないと思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です