JB23のミッションオイル交換してみた

車 (主にJB23W) 0 Takuya Kobayashi

ワコーズRG7590は冬場ギアが入りづらいのは気のせいですかね。(気のせいではなかった)

前回の交換から2年経つので交換してみました。

今回選んだのは日産純正オイル。一番気に入っているのは・・・値段だ。

使用した工具

  • 9.5mmスピンナハンドル
  • オイルシリンジ(安物はシールが甘いので注意)
  • 10mmの四角いソケット(必須ではない)

ジムニーのミッションオイル容量は1.3Lです。

ドレンとフィラーの位置は自分で交換しようと思っている人間であれば見れば分かります。
フィラーはミッションケースの側面、助手席側の奥まったところ、ドレンはミッションケースの真下にあります。

フィラーはスペースが無いので、9.5mmのスピンナハンドルで緩めました。めったに回さないことや、トルクがそれほど強くない事から、10mmのソケットを使用しなくても問題ないと思います。

フィラーが緩むのを確認した後、ドレンを緩めるのですが、その前にオイル受けを用意。

オイルを排出し、ポタ・・・ポタ・・・くらいまで抜き切る。

磁石が付いている方がドレンボルト。鉄粉がうっすらとついていたのでパーツクリーナーで掃除しました。

抜いたオイルを見てみると約3万キロの割に綺麗でした。

画像では分かりませんが、ほんのり鉄粉がマーブル状に見えます。

ドレンとフィラーボルトにシールテープを巻き、ドレンボルトを締めます。締め付けトルクはドレンフィラー共に23N・mですが、自分の場合はトルクレンチは使用しませんでした。オイルまみれの所のトルクレンチは信用していません。こういう場合は、緩める前に飛び出ているネジ山の数で締め代を覚えておきます。

そして、デフオイル交換の際に漏れまくった安い中華オイルシリンジでオイルを注入していきます。作業前にあらかじめ漏れるネジ山の箇所にシールテープを巻いたら漏れなくなりました。シールテープ最高。

フィラーから溢れるまでオイルを入れていきます。一本とちょっと入れたら溢れてきました。規定量が1.3Lなのでこんなもんでしょう。フィラーを締めてパーツクリーナーで汚れを拭き取って完了です。

しかし寝ながらの作業はものすごくつらいです。オイルシリンジはしっかりしたものを選ぶことをお勧めします。

交換後少し走らせてみたところ、なんだか軽い感じがします。ミッションも確かに入りやすい。日産純正凄いな。それともワコーズをミッションに入れちゃダメだったのか。色々試してみるものですね。

追記:初日の出を見るために深夜3時、気温-5℃で転がしましたが、やっぱりミッション入りやすかったです。街乗りであれば日産純正のミッションオイルのほうがよさそうですね。