赤城山(篭山→駒ヶ岳→黒檜山)

登山・キャンプ 0 Takuya Kobayashi

2週連続で赤城山です。

今回のルートは篭山→駒ヶ岳→黒檜山。赤城山で一番高い山が黒檜山(1828m)なのでこれを登れば赤城山を掌握です。

群馬県立赤城公園の駐車場に車を置いてスタート。気温はやっぱり2℃。山登りにはこれくらいが適温かもしれない。動いてないと寒いけど。

画像で一番高いところが駒ケ岳。さらに標高が高い黒檜山は向こう側に隠れています。

篭山までは岩場を上る形で、道は不明瞭。上を目指して足跡を辿りながら登りました。

篭山はそんなに眺望はよくないので画像は取りませんでした。篭山を越えると尾根らしい道になってきます。

比較的緩やかな尾根を歩いていたら、分岐にたどり着きました。ここはちょっとした広場になっていて、ベンチもあり休憩にちょうどいい場所です。

分岐からちょっと上ったところ。小沼が見えました。

だいぶ開けていて下界が一望できます。

正面に見えるのが駒ケ岳。

尾根です。

えぐれて崖になっています。

反対側は大沼が見えます。

駒ヶ岳(1685m)今回はアサルトバックパックじゃなくてもっと小さいデイパックです。

尾根は道がわかりやすくていい。

だいぶ上りました。

この写真撮ってるデジカメはWX500なのですが、ZEISSレンズを搭載していて光学30倍ズームでめちゃくちゃ遠くが見えます。

これが等倍

そしてこれが最大ズーム(デジタルズーム含めて60倍)

胸ポケットに収まるようなコンパクトなカメラなのに遠くがこんなに明瞭に映るなんてすごいですね。
ちなみに、KENKOの7倍~21倍の単眼鏡を持ち歩いているのですが、最大ズームにすると輪郭がぼけまくってここまでよく見えません。(ピントを合わせても解像度が低い)

山頂まであともう少し。

鳥居が現れました。これが、あの「黒檜山大神」

ようやく山頂に到着しました。

絶景スポットが気になるので行ってみました。

渋川方面でしょうか。絶景です。しかし風が強かった。

頂上を満喫できたので下山します。道を戻るのではなく、 黒檜山登山口へ下ります。

この道はとにかく岩場で道は不明瞭。目印の数も少なく、迷いやすい道です。(一度迷いかけました)

しかし、足跡と岩に刻まれたアイゼンのひっかき傷、地形などを見極めながらルートの見当をつけて降りました。

まあ迷ったとしてもとにかく下りればどこかに出られます。

途中の猫岩のあたりで尾根のような地形になっていて「この先は崖なのでは?」と不安になりましたが、あってました。

木々の隙間から見える大沼で現在の高さを予想しながら、あともうちょいと言い聞かせながら降りました。

下るだけで1時間半かかりました。下りでこれなんだから登りは一体・・・

車を止めた場所まで歩いて30分。クタクタで下ってさらに平地を30分は何気にきつかった。

赤城山は危険なところはあまりなくて、道は一部不明瞭なところがあるものの全体的にわかりやすく、尾根や頂上からの眺望は良く、日本百名山にふさわしい山だと思いました。