山での水の携行方法 ハイドレーションは使えないという話

登山・キャンプ 0 Takuya Kobayashi

山での水の携行方法とハイドレーションは使えないという話です。

意外と使えないハイドレーション

以前エバニューのハイドレーションを使っていたこともありましたが、あれは使い物になりません。

ウォーターバッグと組み合わせて使うのですが、ホースの向きを調整できず中途半端な位置で固定され、ザックの中でキャップが緩んで漏れてしまったり、ホースが折れて水が出ないという致命的な状況になります。

それと、水を飲んで口を放すと空気がホース内に戻るので、次に吸い上げる際に戻った空気も吸い上げなくてはなりません。これは金口が上についている大きなデメリットでしょう。気を付けていても多少は空気も飲んでしまうので がでます。

上記はエバニューのハイドレーション特有のデメリットですが、
ハイドレーションシステム全般に言える致命的な欠点がいくつかあります。

残量の確認に手間がかかる

気温・湿度・ストレス量などで水の消費量は大きく変化します。

山では水の管理は非常に重要で、残量から逆算してどれくらいのペースで飲んでいけばいいのか決めなくてはいけないのですが、

ザックの中に収納してあるハイドレーションは残量の確認が非常に手間です。

口をつけるので不衛生

1~2日で飲み切るのであれば問題ありませんが、数日間以上使う場合は不衛生です。

メンテナンス性の悪さ

ハイドレーションは形状的に洗うのがめんどくさいです。

次亜塩素酸に漬けるにしても湯せんするにしても、その後の乾燥が重要で、少しでも水が残っているとカビてしまいます。ホース内が特になかなか乾かないんですよねぇ。

そこでスクイズボトル

自分はスクイズボトルウォーターバッグで水を携行しています。

ザックの肩にドリンクホルダーを後付けし、そこに配置しています。容量は700mlで、春秋冬の日帰りであればこれ1本で足ります。

水を飲むときは口をつけずに飲み、空になったらウォーターバッグから補充します。

口を付けないので衛生的で、スポンジで簡単に洗えてメンテナンス性がよろしい。常に残量の確認ができることが一番大きい。

--
以上