酔っぱらいながら書いてます

日記 0 Takuya Kobayashi

例年通り何も成し遂げられず終わる年

今年も早いもので残り1日。今年も例年通り何も成し遂げることなく1年が過ぎてしまった。

今年の目標の一つとしてブログを毎日更新しようと思っていたけれど三日坊主に終わった。
毎日がコピー&ペーストな毎日をエブリデイ過ごしている自分にとって、ブログを毎日書く事は重複記事を量産することでしかなく、いつかGoogle様に検索ランキングを下げられてしまう。

そんなことより自分が書きたいと思ったことを書いていた方が楽だし、検索エンジン的にも良いのだと思う。といってもこのブログはそもそもそれほどアクセス数は多くない。

そういえば昔は何かを調べる際によく個人ブログがヒットしたが、最近は全く見なくなったなぁ。最近のGoogleのアルゴリズム的には著名人でも何でもない人が書く個人的な記事の価値は低いと判断するようになったのだろうか。

何を良しとするかはその人のモノサシ

何も成し遂げることなく過ごした1年が無駄だったかどうかは人のモノサシによって変化するものだが、個人的には悪いことではないと思っている。何を成し遂げたとしても所詮人の成す事。人は神ではない。
何も成せなかったのではなく、何事も無く”無事”に過ごせた事に素晴らしい価値があると思っている。

話は大きく迂回するが、うちはイヌを1匹屋内で飼っている。体重10kgの”元ミニチュア”ダックスフンドだ。基本的に性格は穏やかだがキレる時はキレる。赤の他人には怒らない内弁慶。怠け者で1日のうち約20時間は寝て過ごしている。鼻先は器用なもので毛布を自分でかけて顔だけ出していつも寝ている。犬としては珍しい散歩嫌いで根っからのプロニート。時々無理やり散歩をさせるが、他の散歩の犬を見るとまるで動物を見るかのように見て見ぬふりで立ち去ろうとする。寄ることも無ければ逃げることも無く流水の如し。こいつの年齢は15歳で、もう世の中の事は全て知っているかのような風格がある。考えてみれば自分もこのイヌと人生の半分以上の時を一緒に過ごしてきたな。

いつも寝ているイヌ。外に出ることも遊ぶことにも興味が無いイヌ。食って寝ているだけだが幸せそうに毎日を過ごしている。死の時をただひたすら待っているようにも見えるが、生きることはそういうことだと思った。人生は死ぬまでの暇つぶしであって、その暇を何で埋めるかが生き様だったりする。
生物的には代々受け継がれるDNAデータにこそ価値があって、肉体はDNAデータの保存媒体でしかないと考えることもできる。DNAを引き継ぐ作業をする傍ら、自分が楽しいと思えることを探して死ぬまでの余暇を楽しむことが人生の目的ではないか。と個人的に思っている。

何はともあれ、このイヌから学ぶことは多い。

来年の目標

何事も無いことはいいことではあるが、コピペのような毎日にはうんざりしているところもある。来年は少しばかり日常にカオスを加えてやろうと思う。そこでベタだが来年の目標を設定することにする。それが達成できるか否かは置いといて、目標設定による強迫観念をインセンティブとしてそっち方面に1mmでも進めればいいと思う。結果も重要だけれど、その過程の中で得られる副産物も大きいと思う。

目標1 肉体を強化する

筋肉をもりもりにするわけではなく、実用的な筋肉をバランスよくつける。また、筋肉を精密に細かく制御できるようにする。自重トレーニングをメインにプランク、有酸素運動、食事で作り上げていきたい。座禅の習慣も作りたい。

目標2 武道をより深く掘り下げる

道場再開して色々な人と稽古・研究をしたい。

目標3 山行の回数を増やす

身の程を知るため、トレーニングのため、判断力を養うため山行の回数を増やしたい。山行は有酸素運動と座禅を兼ねることができたりする。

目標4 モノを少なくする

断捨離。何もない部屋に必要なモノだけが置いてある状態が理想。日常の習慣や人付き合いもシンプルにする。

とにかく生活コストを下げる。浮いた分は外貨や海外の株式に突っ込み円をなるべく持たない。

2022年も健康に平和に暮らすぞ

来年もよろしくお願いします。

--
以上