那須岳に登ってきた

登山・キャンプ 0 Takuya Kobayashi

山仲間と那須岳へ。

峠の茶屋駐車場に車を停め、 那須岳登山指導センター に登山届を提出して登りました。コースは、中の茶屋跡→ 峰の茶屋跡避難小屋→茶臼岳→朝日岳の3:45の山行でした。

この日の予報では曇りのち小雨でしたが、実際はずっと小雨と風が吹いているような感じで、視界数十mくらいでガッスガスのガス岳。

残雪やぬかるみもあり靴がドロドロです。だけどそれが楽しいから登るんです。

有名な山であるためか、悪天候にもかかわらず結構な人数・年齢層の登山者がいました。

眺望が無いので、自分がどこを歩いているのかを把握するためには、ルートの進行方向の方角と、地図上の方角を照らし合わせて推測します。岩のマーキングや、ケルン、道標など整備されているのでこれだけのガスでも安心して歩けました。

4年前に適当に買った登山靴がボロボロになりました。これはキャンプ用にして新しいの買おう。

岩陰に隠れておにぎり2個の昼食を取り、たった5分止まっただけで寒くなってきたのですぐに行動再開。

この日の時点で雪渓が3か所あり、画像は「剣が峰」のトラバースの所です。

雪の状態は良かったのでアイゼン無しでもいけました。帰りはつけずに渡りました。

アイゼン不要論があるようですが、自分は中途半端な斜度の雪道などでは役に立つ場合があるので使っています。物事に白黒は無くグラデーションだと思っています。

 

朝日岳

下山し始めたところで徐々に霧が晴れてきました。

こんなのあったのか。霧で見えんかった。

下山完了。

cafe MADOKAでホットサンドとバナナジュース。

温泉を探しに徒歩で移動中、桜が咲いていました。

鹿の湯に入ってきました。

とにかく硫化水素の匂いが強い温泉でした。41℃~48℃の温度ごとに湯舟が6個ありました。ストイックな感じで洗い場などはありません。湯船につかる前に、柄杓で湯を頭から100回以上かぶるとのぼせや硫化水素による吐き気を予防できるそうです。

というわけで今回の山行はガスガスの那須岳でした。下山後は軽食を食べて温泉に入るという贅沢。今回もいい山行でした。

--
以上